SPECIAL スペシャル

就活生のためのメークアップ講座

第一印象が大切な就職活動。
就活メークは普段のメークと違い、清潔感や知性、意欲やフレッシュさをアピールする事が大切です。
輝きのある目力と、つややかで健康的な肌を演出し、好印象を与えながら、
あなたらしさを伝えましょう。

  • ベースメーク編
  • ポイントメーク編

ベースメーク編ベースメーク編

  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • コンシーラー
  • フェイスパウダー

化粧下地
スキンケアの後は「コントロールベース」でメークの土台づくり

保湿効果とトリートメント効果で肌を整え、色ムラを補正して透明感のあるツヤ肌へ。
[使用方法]
  1. 「コントロールベース」を1~2プッシュ手に取り、手のひら全体に広げて軽く温めます。
  2. 顔全体にのばしていきます。手のひら全体を使って、マッサージするようになじませるのがポイント。目のまわりや小鼻などの細かいところは、指先を使ってなじませます。
  3. 最後に、手のひら全体で顔を包み込むようにしっかり押さえます。くずれにくいベースメークの土台が出来上がります。

Point!

手のひらで温めることで、密着度アップ。化粧崩れを防ぎます。まずは頬からのばしていきましょう。

ファンデーション
UVファンデーションで、春夏の就活もアクティブに

素肌感とカバー力を兼ね備え、すべすべの均一肌に仕上げます。
[使用方法]
  1. スポンジにファンデーションをとります。スポンジ半面でお顔半分が目安です。
  2. まずは頬から、内から外へ向かってのばしていきましょう。

Point!

塗りすぎは厳禁!額やTゾーンは厚塗りにならないように気をつけて。フェイスラインはきちんとぼかしましょう。

コンシーラー
肌悩みをカバーして自信あふれる笑顔に

シミ・クマ・ニキビ跡・色ムラなどを自然にカバー。
[使用方法]
  1. コンシーラーパレットでクマ、シミ・ソバカスをカバーしましょう。
    ●目の下…ブラシで一番明るい色を適量とり、クマが気になる部分だけにのせて、指先でポンポンとたたき込みます。
    ●シミ・ソバカス…肌色に合わせてブラシで色を調合します。ブラシをねかせて気になる部分にのせ、指先でポンポンとなじませます。
  2. タッチブラシでクマや色ムラなど、気になる部分にブラシで直接伸ばし、指先でトントンとなじませます。

Point!

コンシーラーやタッチブラシをのせた所は指の腹でトントンとなじませます。

フェイスパウダー
仕上げのひと手間で、透明感に差がつく

ブラシひと振りで毛穴が消える!キメが整うパーフェクトパウダー。
[使用方法]
  1. ブラシに適量をとり、パウダーを軽くティッシュオフ。程よい量のパウダーがブラシになじむこの“ワンクッション”が、自然な肌なじみを実現する大切なステップです。
  2. 大きなストロークで顔全体ににふわっと広げます。2〜3回くり返し、薄く重ねていきます。

Point!

お顔全体にブラシをかけて。毛穴や影になる目の下にはしっかりと。

ポイントメーク編ポイントメーク編

  • アイブロウ
  • アイカラー・アイライナー
  • リップカラー
  • チークカラー

アイブロウ
眉であなたの表情のイメージが決まる!

フレッシュさとナチュラルを演出する眉の描き方をマスターしよう。
[使用方法]
  1. 眉尻の正しい位置を知り、眉山から眉尻まで丸みと角度をつけて眉山から眉尻を先に描きましょう。

  2. 眉山から眉尻の位置が決まったら眉全体を描いていきます。眉頭は濃く描きすぎないで。

    眉頭 眉山 眉尻 眉尻は眉頭より下がらない
Point!

まゆ毛を1本1本埋めるように描くと自然。描いた後は必ずぼかしましょう。

アイカラー・アイライナー
目は口ほどにモノを言う。あなたらしさを印象づけて

輝きのある目もとを演出し、清楚感と意欲をアピール。
[使用方法]
  1. アイカラーをつける順番は、①はまぶた全体に、②は眼球のあるところ全体に、③はまつ毛生え際から眼球半分まで、④はまつ毛生え際にラインのように描きましょう。

  2. まつ毛の生え際は濃く。上に向かって薄くなるようにカラーグラデーション。アイライナーはまつ毛の生え際を埋めるように描きましょう。

Point!

アイメークは盛り過ぎ・描き過ぎはNG!プライベートと就活のメークは変化をつけて。
アイライナーはペンシルのブラウンがベスト!

リップカラー
みずみずしく血色のいい唇で健康的に

就活メークでは、ケバケバしくなり過ぎやナチュラル過ぎに注意。
[使用方法]
  1. リップブラシに適量をとり、下唇の中心にのせ、左右にのばしていきます。上唇も同様に、真ん中から左右に伸ばします。降格まで塗り込まず。軽やかに仕上げて。
  2. リップグロスは厚塗りせず、軽やかに仕上げます。リップカラーと同様、中央から左右にサッとのばしていきます。

Point!

唇にベッタリとカラーやグロスを塗らないで。唇の中央を中心にカラーを広げていきましょう。グロスは唇の中央だけでOK。

チークカラー
表情を明るく見せるチークで若々しさをアピール

いよいよ仕上げのチークカラー。血色をプラスしてイキイキ感アップ。
[使用方法]
  1. 頬の一番高い所を中心に、大きく円を描くように少しずつ重ねていきます。
  2. [1]の円から耳に向かって、横に流すようにぼかします。

Point!

頬にのせる前に、毎回ブラシを軽くティッシュオフ。濃くなった場合はニュアンスカラーで色の調節を。

メーク以外の身だしなみポイント

ヘアスタイル

ヘアスタイル
長い髪はしっかりまとめて。髪が乱れているとせっかくのメークも台無しです。短い人も前髪はピンなどで留めて、しっかりお顔を出しましょう。

スーツ・靴

スーツ・靴
スーツのシワは大丈夫?靴は磨かれている?せっかくメークでお顔を演出してもスーツや靴が汚れていてはあなたの誠意は企業へ伝わりません。お顔だけでなく全身をチェックしましょう。

最後に鏡を見てしっかり確認!自信をもって、就活に臨みましょう!

ページ上部へ戻る