新・ホワイトニングサイエンス、
この美白は白より美しい。

私たち、オッペン化粧品は、
改めて美白スキンケアに向き合いました。

理想の美白とは?
肌の本当の白さとは?

ただの白さを追求するだけでは意味がない。
オッペン化粧品では、幾度となく考えぬき
たどり着いた答え。

それは白さの質でした。

企画者の想い

商品企画部 ブランド担当
商品企画部 ブランド担当
商品企画部 ブランド担当

理想の美白、本当に美しい白い肌とは

従来品も大変素晴らしいものでしたが、さらに上回る美白を叶える商品を創りたい。使っていただく方に感動を与えたい、という想いで企画をスタートいたしました。
本当に美しい白い肌とは、陶器のように平面的な肌ではなく、透明感と奥行きがある状態だと考えます。 そして、その美しい肌を化粧品でどうしても実現したい。
その想いを研究員に伝えることから、開発を進めて参りました。

企画者の想い

開発者の想い

商品部 開発担当
商品部 開発担当
商品部 開発担当

考えに考えてたどり着いた「EX理論」

従来品を開発した時点で、美白はやり尽くしたと考えました。というのも、メラニンに対してどのようにアプローチをするのかが、美白化粧品を作る上での基本的なコンセプトだからです。
「黒いメラニンをこれ以上黒くさせない、黒くなった状態を白に戻す」ここが出来ていれば、メラニンに対する美白は出来ているという事になります。
そのため、企画から要望・課題を受けた時、私たちはどうしようかと考えました。
メラニン以外で肌を白く見せ、明るく輝くような美しさを出せないのだろうかと考えて、考えて、そしてたどり着いたのが、色・規則性・透明感の3要素に対してアプローチをする「EX理論」でした。

商品部 開発担当
商品部 開発担当
商品部 開発担当

白さと使用感をとことんまで追求

EX理論」を実現するにあたり、コンセプト成分と各アイテムをいかに繋げ、色・規則性・透明感を合わせた商品にするかに苦労しました。このEXラインでは、コンセプト成分をふんだんに使用する事で、今までにない白さの追求が実現できたと思っています。
成分だけでなく、安定性や安全性、使用感も重要です。この使用感を開発担当だけにとどまらず、社内の各部署で使用してもらい「これは良いよ。」と言われ初めて、自信を持って販売できると思いました。
さらにそれを検証するために連用試験からモニター試験を実施。今までにない予想以上の結果を叩き出すことができました。この結果からも、自信を持って世の中に商品としてご提供できます。

EX理論
EX理論
EX理論

使用感の追求

営業戦略部 美容担当
営業戦略部 美容担当
営業戦略部 美容担当

美容担当としては、使用感に特にこだわりました

従来品よりも良い商品でないと、お客さまから満足を得られないと思い、研究員の方に何度もこういう風に作ってほしい、こういう風な使用感にしてほしいと、お願いをしました。試作品の段階でも非常にこだわって、色々な部分で試行錯誤し、今に至っています。
ビューティインストラクター全員でいろいろな使用感を試しました。使っていく上で期待感もありましたし、満足も得られました。この満足感をみなさんに知っていただきたいと思い、しっかりと伝えていく事にこだわって頑張っています。

肌色が明るく、なめらかになった実感

肌色がすごく明るくなったということに気づきました。周りの方々も気づいてくれて、「DR メディアッククリスタル」EXラインを使用するようになってから「何か透明感があるよね!」「お手入れはどうしているんですか?」と、質問を受けることが多くなりました。
見た目では、肌のトーン・明るさ、さわり心地では、肌の柔らかさや肌をなでた際のなめらかさを実感できます。もともと私は肌荒れしやすい肌質ですが、触った際のガサガサ感が全くなくなっていったんですよね。 肌になめらかなツヤが出て、すべてのラインを使用した際に、自分でこれだけ変わるのか、人から見てもこれだけ違うのかということを実感しております。

※効能・効果は個人の感想です。

使用感の追求

製造時のこだわり

商品部 製造担当
商品部 製造担当
商品部 製造担当

一品一品、丁寧に安心安全な商品を

化粧品は直接肌につけるものなので、安全・安心をキーワードに生産スタッフ全員が日々生産をしております。「DR メディアッククリスタル」EXラインも、たくさんの美容成分が盛りこまれており、生産は非常に困難でしたが、一品一品丁寧に生産を行いました。
また、生産スタッフは皆、出来上がった商品をご使用いただくお客さまの笑顔を思い浮かべながら生産をしております。お客さまには安心して「DR メディアッククリスタル」EXラインを使用していただきたいと思います。

製造時のこだわり

デザインにこめた想い

商品企画部 デザイン担当
商品企画部 デザイン担当
商品企画部 デザイン担当

皆さまの暮らしがキラキラと輝くように

パッケージを手に取った時に、進化した内容や魅力を、より感じていただけるよう、商品の色や形、質感など細部に至るまで創意工夫いたしました。
クリスタルをイメージしたカットを施し、光を集め輝く容器は、ただ美しいだけでなく、女性の手になじみやすいフォルムを追求するなど、使いやすさや利便性の向上も図りました。
「DR メディアッククリスタル」EXラインをお使いいただく皆さまの暮らしが、よりキラキラとしたものになるよう願いを込めてデザインをいたしました。

デザインにこめた想い

「DR メディアッククリスタル」EXラインはこのように社員一丸となって創り上げ、
内容物の効果や使用感、容器に至るまで、とことんこだわって開発し、
最高の美白スキンケアラインに進化させることができました。

「DR メディアッククリスタル」EXラインの素晴らしさを
一人でも多くのお客さまに伝え、喜んでいただけることを願っております。