薬用 妙 シワ・たるみはなぜできる?

エイジングのサイン、シワ・たるみは、
うるおい不足が原因です。

若わかしくすこやかな肌の状態

若わかしくすこやかな肌の状態

1 健全な角質層を形成している

  • 細胞間脂質、NMF、皮脂膜が十分に存在し、水分を保持している。
  • 外界の刺激から肌を保護。角質層の水分蒸発を防ぐ。
  • 肌を弱酸性に保ち、細菌の増殖を抑制。
 
肌のうるおいが保たれ、
すこやかな肌に

2 表皮の新陳代謝が健全

  • 肌の生まれ変わり(ターンオーバー)がスムーズに行われている。
  • 保湿機能も働いている。
 
若わかしいキメの整った肌に

3 基底膜で肌の生まれ変わりが健全に
コントロールされている

  • 基底膜に表皮細胞がつなぎとめられていて、すこやかな肌サイクルになる。
 
元気な肌細胞が生まれる

4 真皮の構造が健全に保たれている

  • 真皮は肌のハリと弾力をつかさどるところ。肌にハリと弾力がある。
  • コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が十分ある。
  • 線維芽細胞が活性化していると、肌弾力が保たれる。
 
ハリ・弾力のあるすこやかな肌に

ダメージ肌 / シワ・たるみの状態

ダメージ肌/シワ・たるみの状態

1 角質層が乱れ、肌が無防備な状態にある

  • 細胞間脂質やNMF、皮脂膜が減少・不足している。
  • 角質層の水分が蒸発しやすく、細菌が繁殖しやすい。
 
肌の乾燥を助長し、
肌あれなどのトラブルを招く

2 表皮の新陳代謝が乱れ、鈍化している

  • 肌の生まれ変わりが不安定。
  • 保湿機能が衰える。
 
キメが乱れ、肌あれが起こる

3 基底膜が劣化し、肌の生まれ変わりの
コントロールに乱れがある

  • 表皮細胞が基底膜につなぎ止められずに、ターンオーバーが異常に。
 
肌あれを起こし、キメが乱れる

4 真皮の構造が劣化している

  • 肌にハリと弾力がなく衰えた印象に。
  • コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が少ない。
  • 線維芽細胞が衰えて、肌の弾力が低下している。
 
シワやたるみの気になる肌に