アルティメイト コンセプト

時間の流れに挑む、究極のスキンケア

さかのぼる肌時間 ―
ついに、終わらない美しさを手に入れる。

歳を重ねるごとに、肌は衰えていく。そんな常識が今、覆えされます。「究極」という名のスキンケア『アルティメイト』の誕生。オッペン化粧品が60年をかけて培ってきた、知識と技術の「究極」を結集。年齢を悦びに変える、悦びが自信に変わる、自信がさらなる美しさに変わる―。肌の、人生の、新たなステージへ。
さあ、まばゆいほどに輝く未来が目の前に。

究極の発想

狙いは、肌の再構築。タイムトリップアプローチ

それは、肌を時間という呪縛から解放する「アルティメイト」独自の発想。肌を全体で捉える。そして、時の流れを操る。このふたつの発想から、“肌を構築し直す”という、まったく新しいアプローチを目指しました。

肌を全体で捉える

これまでのスキンケアは、肌の層に着目したものが一般的でした。しかし、これらのつながり、相互関係こそが、美しさの大きな鍵を握っているのです。「アルティメイト」は、細胞間のつながりにも着目することで、1+1=2以上の相乗効果を生み出すと考えています。

各層と細胞の相互関係
代謝バランスを逆転。肌時間を止めるどころか、さかのぼるように!

時の流れを操る

少女の美しい肌は、細胞がスムーズに生まれ変わり、日々代謝を繰り返しています。しかし年齢とともに、細胞を作り出す割合(産生・構築)が低下し、細胞が壊れる割合(分解・破壊)が増加。この代謝のアンバランス化が肌老化の原因となります。一般的なスキンケアは、このバランスの均整を目指したものがほとんど。しかし、究極の理想は、バランスの逆転。分解・破壊量を減少させることで、肌が時間を取り戻していきます。

肌は細胞のつながり。層、細胞、組織だけで捉えない。

究極の技術

欲しい成分を、欲しいところへ。デュアルデリバリーシステム

まるで、目的地直行のエレベーターのように。必要な成分を必要なところへ届ける「アルティメイト」独自の技術を開発。ときに広く、ときに深く。ふたつのカプセル化技術が、美容成分を狙いどおりに働かせます。

<トコトリエノール>を
ナノカプセル化(ローション・エッセンスに採用)

ダメージケア成分〈トコトリエノール〉をナノカプセル化。外的ダメージを受けやすいところに広くなじみ、肌ストレスを抑制します。

3つのエキスを混合した
「ビルドアップ ― リポカプセル」(ローション・エッセンスに採用)

医薬品にも用いられている技術を応用。〈イノンドエキス〉〈ヒメフウロエキス〉〈クロバナツルアズキエキス〉をひとつのカプセルに閉じ込め、安定した状態で届けます。

究極の肌心地

「アルティメイト」がもたらすのは、かつてない満足感。のびやかでまろやかな質感、とけ込むような肌なじみ。さらに、なじませるほどに深く感じるうるおい。しっとりと心地よい余韻が、いつまでも肌を満たし続けます。ローション、エッセンス、クリーム、順に重ねるにつれて、その充足感は高まっていきます。

究極の香り

花の女王として君臨するバラ。その香りが女性に豊かな美しさをもたらすという事実は、さまざまな研究で実証されています。「アルティメイト」は、「DR クライムベル エクセレント」と同じ究極の香り、ブルガリア産ローズの天然精油(ローズオットー)を使用。おだやかに、華やかに、気品の香りが肌と心を包み込む――。そのひとときは、まさに贅沢そのものです。