アルティメイト コンセプト

―『流れ』と『めぐり』に着目した、
新生アルティメイト

時計の針を止めるだけでは、今ある肌悩みは消えないから。 「アルティメイト」が追い求めてきたのは 『時間の流れに挑む、究極のスキンケア』。 ローション、エッセンスに続き、クリームも さらなる“究極”へと進化を遂げました。
あふれんばかりのうるおい、豊かに弾むハリ、 凜と立体感のある顔立ち、いきいきと輝く透明感−
「ローションS」「エッセンスS」「クリームS」が三位一体となり 肌の『流れ』と『めぐり』に働きかけることで、 若わかしさのすべての条件を肌に。 そして美しく輝く新たな人生のステージを、あなたに。

究極の発想

狙いは、肌の再構築。タイムトリップアプローチ

それは、肌を時間から解放するという「アルティメイト」独自の発想。『肌を全体で捉える』、そして『時の流れを操る』という2つの発想から、肌の再構築を目指しました。

肌を全体で捉える

『肌の層』だけでなく、それらの『つながり』にも着目。1+1=2以上の相乗効果が期待できます。

各層と細胞の相互関係
肌は細胞のつながり。層、細胞、組織だけで捉えない。

時の流れを操る

肌は年齢とともにつくり出す力(産生・構築)が低下し、壊れる割合(分解・破壊)が増加するもの。「アルティメイト」は、この代謝バランスの『均整』ではなく、その先の『逆転』を理想としています。

代謝バランスを逆転。肌時間を止めるどころか、さかのぼるように!

※肌とは角質層のことです。

究極の技術

欲しい成分を、欲しいところへ。デュアルデリバリーシステム

まるで目的地直行のエレベーターのように。2つのカプセル化技術が、美容成分を狙いどおりに働かせます。

<トコトリエノール>(ダメージケア(緩和)成分)をナノカプセル化(ローションS・エッセンスSに採用)

〈トコトリエノール〉(ダメージケア(緩和)成分)をナノカプセル化。外的ダメージを受けやすいところに広くなじみ、肌ストレスを抑制します。

3つのエキスを混合した
「ビルドアップ ― リポカプセル」(3品すべてに採用)

〈イノンドエキス〉(ハリ、弾力成分)〈ヒメフウロエキス〉(肌の保湿成分)〈クロバナツルアズキエキス〉(ハリ、弾力成分)をひとつのカプセルに閉じ込め、安定した状態でとどけます。

かつてないハリをもたらす、3つの新エキス

オッペン独自のハリ成分
「白花エキス」

新たなオッペン独自成分「白花エキス」を配合。青花の新品種「白花」の花びらからのみ抽出できるエキスが、肌に弾むようなハリを与えます。

なめらかに整える
「ライムギエキス」

イネ科の越年草、ライ麦の種子から抽出した、肌になめらかなハリを与えるエキス。

肌をひきしめる
「パッションフルーツエキス」

パッションフルーツから抽出した成分が、凛とした若わかしい印象へと導きます。

究極の肌心地

まろやかにのび広がり、とけ込むような肌なじみ。そして、なじませるほどに感じる深いうるおい。3品を重ねるにつれて充足感が高まり、しっとりと心地よい余韻が続きます。

究極の香り

女性に豊かな美しさをもたらすとされているバラの香り。そのなかでも、ひときわ華やかで気高い香りをもつブルガリア産ローズの天然精油(ローズオットー)を配合しています。

“究極”の、その先へ- アルティメイト  クリームS

大人のさまざまな肌悩み、
その原因は『流れ』と『めぐり』にありました。

美しく若わかしい肌と、悩みを抱えた年齢肌、その違いはどこからくるのでしょうか。肌は本来、必要なものだけで構成されているもの。
ところが年齢やストレスを重ねるにつれて、流れが滞り、必要なものがめぐらず、不要なものが蓄積していきます。この『流れ』や『めぐり』の変化が、さまざまな肌悩みを引き起こす要因だったのです。

若わかしい美しさの鍵、
『流れ』『めぐり』に根本からアプローチ。

さらに問題の根源を探ると、そもそもの原因は『流れ』や『めぐり』の道が不安定になっていることにありました。
そこで「アルティメイト クリームS」は、まずは不安定になった道を整えること、そして滞りに働きかけて、めぐる力を高めることを目指しました。
そうして『美のめぐり』を高めることで、透明感あふれるハリ肌、凜とした印象のフェイスラインへと導いていきます。

アルティメイト クリームS

主な特長成分

「美のめぐり」を高める3つの美容成分

1.肌にハリを与える「ヒハツエキス」(ハリ成分)

日本や中国、インドで古くから利用されてきたコショウ科の植物・ヒハツの抽出エキス。「白花エキス」との相乗効果で、すっきりと透明感あふれる肌へ。

2.むくみ抑制に 「パッションフルーツエキス」(保湿成分)

パッションフルーツの果皮から抽出したエキス。

3.肌に活力を与える「オタネニンジン根エキス」

別名・高麗人参の根から抽出したエキス。

■オッペン独自のハリ成分「白花エキス」
青花の新品種「白花」の花びらから抽出したオッペン独自エキス。

■肌にハリを与える「ライムギエキス」
ライ麦の種子から抽出したエキス。

ヒハツ
ヒハツ
パッションフルーツ
パッションフルーツ
白花
白花