商品が生まれるまで

 高品質を守り抜く研究開発・製造工程
研究開発
  • 1.商品コンセプトを決定

    社内でたくさん起こる「こんな商品がほしい」という声や、「こんな商品をつくりたい」という想い。その中から、まずは研究開発課がコンセプトを導き出し、そのコンセプトにあった素材や配合バランスを模索、開発を進めます。

  • 2.同時に成分を研究・開発

    研究開発課での商品開発と同時に、基礎研究部門ではコンセプトに基づいた成分の研究・開発が進められます。

  • 3.ファーストサンプルの作成

    研究開発課と基礎研究部門が一体となって、何度も成分や配合バランスを検討し、試作を重ね、コンセプトに合っていると判断したファーストサンプルを提出。使用感などの評価を受けて、さらに妥協のない商品を目指して試作が繰り返されます。

  • 4.厳しい検査に合格、いよいよ製造へ

    完成した試作品は安全性、安定性、効果を確かめる厳しい検査を受け、実際に工場の生産ラインで再現できるか検討が重ねられます。完全に再現できると判断されたもののみが、製造課にバトンタッチされ、いよいよ商品づくりがスタートします。

  • 研究者の想い 基礎研究・品質保証課 課長 吉武裕一郎
製造工程
  • 5.原料検査と計量、そして原料づくり

    原料の性能や安全性を確保するため、さらに厳格な品質検査を実施。検査に合格した原料を、サンプルのレシピどおりに計量します。オッペン化粧品では、他にはない効果を追求するため、メーカーからの仕入れだけでなく、自社で原料を作ることも。そのため、原料製造だけで数日かかる商品もあります。

  • 6.タンクの中で丁寧に仕込み

    レシピに従って、原料を乳化釜や化粧水タンクに仕込んで調合。基礎化粧品だけでなく、ファンデーションをはじめとしたメークアップ商品も、それぞれの工程で、限りなくレシピに忠実に調合していきます。
    リクイドファンデーションやパウダーファンデーションをつくるための粉体製造設備は特に大規模で、維持管理も大変なもの。自社で設備を持たず外注で製造するメーカーも多い中、オッペン化粧品では、品質維持・向上を徹底するため、粉体も一貫製造しています。

  • 7.徹底したバルク検査

    完成したバルクは厳しい品質検査を受け、合格したものだけが次の工程に進められます。検査は機械によるデータベースと人間の感覚の両面から、徹底的に行われます。

  • 8.バルクを容器に充填

    品質検査に合格したバルクを、容器に充填します。例えば、クリームファンデーションは表面が均一に滑らかになるように、技術者が一つひとつ丁寧にトレイに充填。リップカラーも手作業で型にバルクを注ぎ、固めて型抜き。繊細さが求められる商品はすべて職人技が凝らされています。さらに、健康食品も原料メーカーで製造された内容物を滋賀工場に運び込んだあと、すべて社内で品質検査を行ってから充填されます。

  • 9.人の手と目で確認、梱包

    充填された容器は人の手でラベルが貼られ、箱が組み立てられ、一つひとつ丁寧に梱包されていきます。

  • 技術者の想い 製造課 課長 中村恵昭
品質保証
  • 10.検品、そしてお客さまのところへ

    正しく梱包されているか、容器や箱に不備はないか、細部まで検査員が検査。こうして幾度も検査を受け、合格した商品だけが、物流倉庫からお客さまのお手もとへ出荷されます。